影無茶のスポーツ24/7

スポーツ全般について思ったことを自由に書いていきます。(基本応援)

クライマックスシリーズファイナルステージ初戦 巨人が阪神を下して2勝0敗 これで5分と見るべき

クライマックスシリーズファーストステージ。

リーグ戦最終戦カープを抜いて3位に突入したタイガース。

6連勝でCS進出を決める離れ業。

この勢いは侮れません。

5年前にジャイアンツは下剋上を許してしまいました。

ファイナルステージ4連敗。

当時ジャイアンツのチーム力が下り坂だったのは確かですが、まさかの結果でした。

今季は、リーグ戦でタイガースに対して15勝10敗。

対戦5球団の中では最も貯金を稼いでいます。

しかし短期決戦はなかなか額面通りにはいきません。

まずは初戦をどう戦うか。

特にジャイアンツにとっては初戦を勝つことで優位に立ちたい。

アドバンテージ1勝を合わせて初戦勝てば2勝になります。

こうなるとタイガースが下剋上を決めるには残り4勝1敗が必要。

どう考えてもジャイアンツが圧倒的に優位に立つ構図となります。

しかし初戦の先発を見ると、どうもタイガースは初戦負けても止む無しと考えていたふしがある。

ジャイアンツは山口で初戦勝って2勝0敗の形を何としても作りたい。

タイガースの勢いを止めたいこともあるでしょう。

それは見事に功を奏しました。

最後デラロサが情けなかったですが田口が締めて予定通り。

しかしタイガーズの先発は望月。

ファーストステージは西、青柳、高橋遥人の順番でした。

それぞれが投げた回数は0回、4回、3回。

西は投げて投げられない訳ではない投球回数。

それでも先発は望月。

今季8試合の登板で先発は5試合。

成績は1勝1敗。

ポストシーズン初登板。

これでジャイアンツ負けていれば5年前の再現も有り得る状況に陥ったでしょう。

そうなんです、語弊はありますが、矢野監督、初戦の負けは計算づくです。

エース山口相手に勝つ確率は高くない。

もちろん勝つに越したことはありませんが、残り5試合を4勝1敗で行く算段を考えているに違いありません。

2戦目の先発はジャイアンツがメルセデス

タイガースは高橋遥がCSファイナル第三戦から中1日で登板。

今季対巨人戦4試合登板で1勝2敗。

防御率は2.73。

その後も西、青柳と来て、どうでしょう、岩貞あたりも投げてくるかも。

タイガースはリードさえしておれば、ブルペンが充実しているので強いです。

ジャイアンツ油断はしないでしょうけど、簡単には勝たせてくれないと思います。

現段階で5分と思う位で丁度良いように思います。

メルセデスは6回までは気持ちよく投げられます。

その後はブルペン総動員。

この第3戦の勝敗は日本シリーズの行方を大きく左右することになりますね。

注目!

 

kagemucya.hatenablog.com