影無茶のスポーツ24/7

スポーツ好き熟年おやじのブログ

大相撲11月場所 3大関横綱昇進争いの火ぶたが・・・切られなかった 何なのこれ

ほんのこの前、11月場所が始まるにあたり、私は「3大関横綱昇進争いの火ぶたが切られる」と題した投稿をした。

横綱の2場所連続休場。

正代の昇進により横綱を狙える大関が揃い、誰もが白熱の相撲を見られると思っていたはずだ。

白鵬以降誕生した横綱は僅か4力士。

この13年間でたった4力士だけなのだ。

期待の星があらわれては消えあらわれては消えの繰り返し。

そんな中、稀勢の里がその壁を乗り越えて横綱に登り詰めたが、日馬富士戦の負傷が元で短命横綱に終わってしまった。

今場所こそアフター白鵬の時代を背負う力士がはっきりとした形で見えてくると思われたが、大関朝乃山、正代が土俵上の怪我により相次いで休場。

両力士はこれが力士生活初の休場。

この結果、何と2横綱、2大関が休場。

次期横綱の先陣争いが見られると大いに期待していたのに、たった5日でこの有様。

いったいどうなってるんだ!と怒りを通り越してあきれ、しらけの気持ちだ。

ここのところ期待の力士のほとんどは怪我で後退を余儀なくされている。

またも歴史は繰り返されてしまうのか。

ひとり大関となった貴景勝も万全な状態ではない。

今場所三役復帰の照ノ富士も地獄からの生還組だ。

照ノ富士の初日の相撲を見た人はかつての横綱候補が戻ってきたと感じたことだろう。

その照ノ富士も両膝に爆弾を抱えている。

朝乃山はその照ノ富士に土をつけられて翌日から休場。

朝乃山にとって照ノ富士は綱取りへの大きな壁となった。

怪我がたいしたことのないように祈るしかない。

それにしても最近の力士の怪我の多さは目に余る。

遠藤も栃ノ心も高安も宇良も逸ノ城豪栄道も把留都も栃東琴欧州も・・・。

怪我に泣いた力士のオンパレード。

怪我が増えた最大の要因は力士の大型化ではないか。

土俵から転げ落ちた場合大きな怪我を負うリスクを伴う。

力士の大型化と怪我には必ず因果関係があるだろう。

土俵下に転がり落ちるシーンは見てて怪我しなかったか?と毎度心配になる。

昔は150kgを超える力士は少なかった。

力士の巨大化にはどこかで歯止めが必要だ。

しかし今の土俵。

どうなってんの~。

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com

 

 

kagemucya.hatenablog.com